tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
今日は米海軍がイランの石油プラットフォームを攻撃したプレイングマンティス作戦を開始した日だそうです。この作戦を含めた一連の米・イランの主張は国際司法裁判所(ICJ)で争われ、国際法上の武力攻撃や自衛権に関する重要な判例を提示することになりました。 t.co/vKOYqEiF48 twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan_MP RT @T_AH19: 各種弾薬等の地中貫通力の比較図。
t.co/JKV0oOo7Dwhttp://twitter.com/tokumeiAsan_MP/status/1251134482087702528

tokumeiAsan RT @T_AH19: 空母「セオドア ルーズベルト」の乗員で、新型コロナウイルス感染症による死亡者が出たようです。
t.co/tMnKz7rv7k twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
Naval Newsにて、陸上自衛隊に配備予定の島嶼防衛用高速滑空弾を紹介する動画が公開されました。中でも注目は防衛装備庁から提供された、滑空弾が空母を攻撃するイメージ映像で、これが公開されるのは日曜安全保障に続いて二例目、海外のメディアとしては世界初です。 t.co/nTp0vUox7Z twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
病院船を感染症対策とリンクさせるのは本筋ではなく、かといって自衛隊や海保の艦船による医療提供機能を考えれば、災害時における活動のみに注目するのも正しくはないかもしれない、という内容です。90年代のPKO協力法案審議で模索されたような、海外での活動も視野に入れるべきと。 t.co/TjVv9JoopG twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
私は、テロとの戦いと自衛権という観点から、19世紀のnon-state actorsに対するself-defenceと21世紀の対テロ戦争までを概観しつつ、先制的自衛(pre-emptive self-defence)やunwilling or unableなどテロとの戦いで注目される概念について解説する予定です。 t.co/hDES8KixX9 twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @T_AH19: 遠征機動基地「ハーシェル W.ウィリアムズ」は軍事海上輸送部隊(MSC)所属の"USNS"ではなく米海軍所属の"USS"(合衆国軍艦)に変更されて就役したのは、本艦の任務に対機雷戦や特殊部隊の海上基地等の純軍事任務の割合が多く占めるためと考える。
t.co/ibHNN3NNVX twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
国際法には軍艦(warship)と補助艦(naval auxiliary)という区別が存在しますが、これは前者のみが敵対行為を行なう資格を有するという観点で意味を有する区別になります。米海軍の場合、後者に当たるのはMSCの艦艇ですから、仰るように所属変更は担う任務の差異が理由でしょう。 t.co/WCCVmyZ5jS twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
なるほど、ハマスが先ほどのような女性の画像をプロフィールに使ったニセアカウントをSNSで使い、それでイスラエル国防軍の兵士が使うスマホのハッキングを試みているんだそうです。でもイスラエル国防軍はお見通しで、それを逆手にとっていますよと。 t.co/OREBHktfiv twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @oldconnie: どこかでF-15EXに関する記事でも出たんですか?
過大、過小評価するツイートが多々あって何を今さら感。
昨日も書いたけど、F-15EXはF-15C/Dの代替として144機購入するもので、F-35Aの代替ではない。
兵器搭載量や最大速度では世界トップクラス。最強の防空戦闘機であることは確か。
twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6:
t.co/gpx02gNtTq
米空軍の衛星が捉えたデータを収集・融合するための新たなシステムをレイセオンが開発することになりました。これはSBIRSやその後継機が捉えた熱源により弾道ミサイルの警戒を行うものですが、オープンアーキテクチャにより他国や民間衛星とも繋がるようです。 twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @f86d_: DARPAとダイナティクスが開発中の空中発射空中回収型無人機X-61A グレムリンは2019年11月初飛行に成功
グレムリンはC-130Aから発射され1時間40分飛行し所定のテストを完了したものの地上着地時メインシュートの展開に失敗し機体は失われた
t.co/zSr7KSO0SB twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @f86d_: DARPAとダイナティクスが開発中の空中発射空中回収型無人機X-61A グレムリンは2019年11月初飛行に成功
グレムリンはC-130Aから発射され1時間40分飛行し所定のテストを完了したものの地上着地時メインシュートの展開に失敗し機体は失われた
t.co/zSr7KSO0SB twitter.com/tokumeiAsan/status

tokumeiAsan RT @japanesepatrio6: @Mossie633
なんだかしれっとSPY-6のみならずSPY-1レーダー搭載艦でもベースライン10をインストールできると書いてあって、SPY-7を搭載する陸自のイージスアショアはどうなるのかが気になります。もしこちらも可能になれば、秋田県知事の不安も一つ解消されるのでしょうか... twitter.com/tokumeiAsan/status

Show more
@tokumeiAsanのMastodon

これは個人用です。 This is personal instance.